最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
フォト
無料ブログはココログ

友達フォトアルバム

  • 1-3-2 たったの五千六百円なのよ・・・
    安部公房作 カトレア読書会演出 「友達」 2006年11月30日(木)~12月3日(日) 手織座にて

« 【観劇メモ】Fabrica[10.01] (ファブリカ) ※ネタバレするよ~ | トップページ | 【観劇メモ】のむらんぷvol.2「前世喫茶」 »

2007年1月25日 (木)

シェークスピア「十二夜」

1月24日(水)19:00~巣鴨にて、第三十三回カトレア読書会が催されました。参加者は、北川さん、帆足さん、秦さん、泉くん、市村さん、坪田くん、林の7名。

テキストは、カトレア読書会始まって一年目にして、ようやくシェークスピアに手をつけました。作品は「十二夜」。いやしかし、作品選びは、どうしても参加者の人数に左右されるので、苦労します。特にシェークスピアは、配役が平気で20人とか出てきてしまうので、どうしても、読みたいテキストも敬遠しがちですが、とりあえず、「十二夜」は、7人で二役くらいずつを受け持って、最後まで読みきることができました。

物語はぁ、、、あまりに有名なお話なので、ここでは解説しませんが、、、(って、読んだことなかった癖に(><;;;;;;)。。。要するに、間違い勘違いによって巻き起こる恋の騒動でございますね(^^ あっさり。。。あ、「シェイクスピア戸所研究室」様が、丹念にシェークスピアをご研究されており、勝手にリンク張らせてもらいました(><);;; そのサイトをご覧になれば、「十二夜」のあらすじがわかりますので、お訪ねしてみてください。っていうか自分で戯曲読んでね(え?ひとりで読めないから読書会に行くんだって?その通りです)

いやあ、言葉遊び、駄洒落が凄いのなんの(・・;;;;別に、訳した小田島雄志さんが、度を越した駄洒落好きってわけでもないでしょうが、とにかく、駄洒落、駄洒落、駄洒落(><)!!!こんなに駄洒落が多いとは・・・

訳によって、まぁるで、違う作品に感じるんだろうなぁと思いますもので、また別の訳者による「十二夜」を読んでみたいと思います。

あっさり。

ちなみに、会が引けて、懇親会で今年初めて訪れた「すがも亭」。
お通しが、わかさぎの天ぷら山盛りしかも揚げたて(><♪幸せ!!!

・・・が、、、お通しくる前に注文したものが、、、

「フライドポテト」、、、「鶏の唐揚げ」、、、「ゲソ揚げ」、、、

そこにわかさぎの天ぷらも加わり、なんかテーブルの上が、、、

大学生の飲み会みたいになりました(--;

« 【観劇メモ】Fabrica[10.01] (ファブリカ) ※ネタバレするよ~ | トップページ | 【観劇メモ】のむらんぷvol.2「前世喫茶」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185975/13652647

この記事へのトラックバック一覧です: シェークスピア「十二夜」:

« 【観劇メモ】Fabrica[10.01] (ファブリカ) ※ネタバレするよ~ | トップページ | 【観劇メモ】のむらんぷvol.2「前世喫茶」 »