最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
フォト
無料ブログはココログ

友達フォトアルバム

  • 1-3-2 たったの五千六百円なのよ・・・
    安部公房作 カトレア読書会演出 「友達」 2006年11月30日(木)~12月3日(日) 手織座にて

« イプセン作「ゆうれい」(※本によっては「幽霊」) | トップページ | 【観劇メモ】今井次郎/大谷蛮天門/NODA MAP「ロープ」 »

2006年12月23日 (土)

2006年/読書会で読んだ戯曲一覧

1  イプセン「人形の家」(2月14日)
2  ガルシア・ロルカ「ベルナルダ・アルバの家」(2月21日)
3  アラバール「戦場のピクニック」(3月8日/3月9日)
4  チェーホフ「創立記念祭」(3月8日/3月9日)(3月14日/3月15日)
5  マヤコフスキー「南京虫」(3月8日/3月9日)
6  アラバール「ポンコツ車の墓場」(3月14日/3月15日)(7月6日)
7  ガルシア・ロルカ「すばらしい靴屋の奥さん」(3月14日/3月15日)
8   安部公房「棒になった男」(3月29日)
9  安部公房「城塞」(3月29日)
10 安部公房「永久運動」(5月17日)
11 安部公房「少女と魚」(5月17日)(7月6日)
12 安部公房「制服」(5月25日)(9月6日)(9月14日)
13 安部公房「巨人伝説」(5月25日)
14 北村想「グッド・バイ」(5月31日)
15 北村想「虎☆ハリマオ」(5月31日)
16 長谷川伸「暗闇の丑松」(6月8日)
17 別役実「マッチ売りの少女」(6月8日)
18 別役実「象」(6月15日)
19 エドワード・オールビー「アメリカの夢」(6月22日)
20 エドワード・オールビー「ベシー・スミスの死」(6月22日)
21 モリエール「タルチュフ」(7月13日)
22 J・B・リュック「恋の冷凍保存」(7月20日)
23 モリエール「亭主学校」(7月20日)
24 二-ル・サイモン「ジンジャー・ブレッド・レディ」(7月27日)
25 ジョン・フォード「あわれ彼女は娼婦」(8月3日)
26 二-ル・サイモン「二番街の囚人」(8月10日)
27 イヨネスコ「二人で狂う」(8月16日)
28 高平哲朗「アチャラカ」(8月16日)
29 デ・フィリポ「友情」(8月16日)
30 ベケット「燠火」(8月16日)
31 ウーゴ・ベッティ「牝山羊が島の犯罪」(8月23日)
32 太田善之「カトレア」(8月25日)
33 安部公房「人命救助法」(8月25日)
34 ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」(8月25日)
35 安部公房「友達 1967年版」 (8月25日)(10月12日)(10月19日)
※ 安部公房短編小説「闖入者」(10月19日)
36 唐十郎「ジョン・シルバー」(8月25日)
37 安部公房「S・カルマ氏の犯罪」(8月25日)
38 井上ひさし「浅草フランス座コント」(8月25日)
39 翠羅臼「咆哮!!阿呆船」(8月25日)
40 オスカー・ワイルド「真面目が大切」(8月26日)
41 安部公房「快速船」(8月26日)
42 岸田理生「ハノーヴァの肉屋」(8月26日)
43 安部公房「どれい狩り」(8月26日)
44 アーノルド・ウェスカー「ぼくはエルサレムのことを話しているのだ」(8月26日)
45 寺山修司「千一夜物語」(8月26日)
46 岸田理生「メディアマシーン」(8月26日)
47 安部公房「水中都市」(8月26日)
48 安部公房「お化けの島」(8月30日)
49  安部公房「友達 1974年版」(8月30日)
50 安部公房「おまえにも罪がある」(9月6日)
51 アーノルド・ウェスカー「大麦入りのチキンスープ」(9月21日)
52 ストリンドベルイ作「稲妻」(9月28日)
53 《赤いメガフォン》集団創作「シナから手をひけ」(9月28日)
54 ジョン・ミリングトン・シング作「海へ騎りゆく人々」(9月28日)
55 安部公房「幽霊はここにいる」(10月5日)
56 サム・シェパード「シカゴ」(10月27日)
57 イプセン「人民の敵」(12月14日)
58 イプセン「ゆうれい」(12月20日)

計58本 (外国作品29本(作家20人)、日本作品29本(作家11人))
※安部公房「友達」の1967年版と1974年版は別の作品としました。

安部公房 16本・・・春頃に読んだ「城塞」「制服」が大変面白かった為、「安部公房の作品って、前衛なイメージで難しそうだし今まで読む気もしなかったけど、これが意外と読んでみると面白いかも!?」と一気に「リスペクト安部公房」にまで盛り上がり、合宿では8本読破!演劇発表会の演目となった「友達」にも出会い、今年一年、安部公房を読み倒しました。

イプセン 3本・・・イプセン没後100年だった今年、カトレア読書会も第一回をイプセンに始まり最終回もイプセンに終わりました。

2本読んだ作家・・・ロルカ、アラバール、北村想、別役実、オールビー、ウェスカー、モリエール、ニール・サイモン、岸田理生

で、管理者カトレアの独断と偏見による・・・

【読んでみたら面白かったde賞】
アラバール「戦場のピクニック」、チェーホフ「創立記念祭」、別役実「象」、モリエール「タルチュフ」、二-ル・サイモン「ジンジャー・ブレッド・レディ」「二番街の囚人」、ジョン・フォード「あわれ彼女は娼婦」、エドワード・オールビー「アメリカの夢」、「ベシー・スミスの死」、イプセン「ゆうれい」、アーノルド・ウェスカー「ぼくはエルサレムのことを話しているのだ」「大麦入りのチキンスープ」、オスカー・ワイルド「真面目が大切」、太田善之「カトレア」

【実際に野外(テント)でやってみたいde賞】
マヤコフスキー「南京虫」、アラバール「ポンコツ車の墓場」、安部公房「少女と魚」「快速船」

【安部公房は面白いde賞】
「城塞」「少女と魚」「制服」「巨人伝説」「快速船」「幽霊はここにいる」

【珍品de賞】 
マヤコフスキー「南京虫」、翠羅臼「咆哮!!阿呆船」、ウーゴ・ベッティ「牝山羊が島の犯罪」

【2006地獄の夏合宿一番だったde賞】
翠羅臼「咆哮!!阿呆船」

今年参加した皆さーん!どのくらいお話覚えてますかぁ?(^^)

そして

【来年読みたい作家】
シェークスピア、ブレヒト、ドストエフスキー、テネシー・ウィリアムズ、アーサー・ミラー、アゴタ・クリストフ、ユージンオニール、ジャン・ジュネ、ゴーリキー、宮本研、木下順二、村山知義、三好十郎、久保榮、つかこうへい、永井愛、野田秀樹、井上ひさし、平田オリザ・・・・・エトセトラ!!!

【2006年に読んだけどもっと読んでみたい作家】
アラバール、ジョン・フォード、アーノルド・ウェスカー、イプセン、チェーホフ、二ール・サイモン、オスカー・ワイルド、ストリンドベルリイ、サムシェパード、エドワード・オールビー、別役実

来年も「食わず嫌いはあきまへん!」で参りましょう(^o^)/

« イプセン作「ゆうれい」(※本によっては「幽霊」) | トップページ | 【観劇メモ】今井次郎/大谷蛮天門/NODA MAP「ロープ」 »

コメント

私の敬愛する秋浜悟さんを付け加えておいてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185975/13171174

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年/読書会で読んだ戯曲一覧:

« イプセン作「ゆうれい」(※本によっては「幽霊」) | トップページ | 【観劇メモ】今井次郎/大谷蛮天門/NODA MAP「ロープ」 »