最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
フォト
無料ブログはココログ

友達フォトアルバム

  • 1-3-2 たったの五千六百円なのよ・・・
    安部公房作 カトレア読書会演出 「友達」 2006年11月30日(木)~12月3日(日) 手織座にて

« エドワード・オールビー「アメリカの夢」「ベシー・スミスの死」 | トップページ | モリエール「タルチュフ」 »

2006年8月 8日 (火)

フェルナンド・アラバール「ポンコツ車の墓場」/安部公房「少女と魚」

第十三回カトレア読書会が7月6日(木)夜、駒込にて行われました。

参加者は、木村さん、高山さん、帆足さん、秦さん、輿石さん、市村さん、林の7名でした。
今回は木村さん、高山さんのフレッシュなお二人が初参加されました。

さて今回のテキストは、新しい参加者もおられましたので、今まで読んだテキストからフェルナンド・アラバール「ポンコツ車の墓場」と安部公房「少女と魚」を再度読みました。
何度読んでも面白いです。アラバールも安部公房も、もっと他の作品をどんどん読みたいと意を強くしました。

来週こそ地味な「これ誰?」っていう古典を読もうと思います。再来週あたりは一部リクエストのある二ール・サイモン読みたいと思います。個人的には先日、泉くんが関わりました「身毒丸」を戯曲で読んだらどうなのか試してみたいです。

余談ですが、、、
「ダイアログインザ・ダーク2006」
このイベント今年で3年目ですが大変面白いです。
お時間ある方、是非参加されることお薦めします。

ダイアログインザダーク2006 URL
http://www.dialoginthedark.com/
http://www.tbs.co.jp/radio/did/

それではまた来週お会いできること楽しみに

« エドワード・オールビー「アメリカの夢」「ベシー・スミスの死」 | トップページ | モリエール「タルチュフ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185975/11335595

この記事へのトラックバック一覧です: フェルナンド・アラバール「ポンコツ車の墓場」/安部公房「少女と魚」:

« エドワード・オールビー「アメリカの夢」「ベシー・スミスの死」 | トップページ | モリエール「タルチュフ」 »