最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
フォト
無料ブログはココログ

友達フォトアルバム

  • 1-3-2 たったの五千六百円なのよ・・・
    安部公房作 カトレア読書会演出 「友達」 2006年11月30日(木)~12月3日(日) 手織座にて

« イプセン「人形の家」 | トップページ | アラバール「戦場のピクニック」/チェーホフ「創立記念祭」/マヤコフスキー「南京虫」 »

2006年8月 8日 (火)

ガルシア・ロルカ「ベルナルダ・アルバの家」

第二回カトレア読書会が2月21日(火)夜、巣鴨にて行われました。(会の名称はまだ「読書会」でした)

参加者は、笠原さん、輿石さん、北川さん、市村さん、南波さん、南さん、林の7人でした。

今回のテキストはスペインの詩人ガルシア・ロルカ「ベルナルダ・アルバの家」。女主人ベルナルダと五人の娘、老いた義理母、そして女中たちが織り成す愛憎悲喜劇でありました。
前回の「人形の家」より読みやすく(翻訳もあるかもしれませんが)、初見で激高する台詞の応酬は醍醐味であり、参加者の皆さんにも好評でありました。
丁度今、北川綾香さんや宍倉暁子さんがシアター千住で上演中なのでこの戯曲どのように役者達が演じるのか非常に興味深いものがあります。。

さて次回は輿石悦子さんの提案を受けて短編二本を読もうと思います。
アラバール「戦場のピクニック」
マヤコフスキー「南京虫~幻想喜劇」
さてどのような作品かまったく想像付きませんが、その分楽しみです。

« イプセン「人形の家」 | トップページ | アラバール「戦場のピクニック」/チェーホフ「創立記念祭」/マヤコフスキー「南京虫」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185975/11335445

この記事へのトラックバック一覧です: ガルシア・ロルカ「ベルナルダ・アルバの家」:

« イプセン「人形の家」 | トップページ | アラバール「戦場のピクニック」/チェーホフ「創立記念祭」/マヤコフスキー「南京虫」 »