最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
フォト
無料ブログはココログ

友達フォトアルバム

  • 1-3-2 たったの五千六百円なのよ・・・
    安部公房作 カトレア読書会演出 「友達」 2006年11月30日(木)~12月3日(日) 手織座にて

« 安部公房「城塞」 | トップページ | 安部公房「制服」/安部公房「巨人伝説」 »

2006年8月 8日 (火)

安部公房「永久運動」/安部公房「少女と魚」

発見の会公演の為しばしお休みしましたが再開。一ヶ月ぶりの第七回カトレア読書会が5月17日夜、巣鴨にて行われました。

出席者は輿石さん、市村さん、北川さん、南波さん、秦さん、笠原さん、近藤さん、林の8名でした。

昨日は19時の開始時間になってから急遽場所オーナーの都合で会場変更を余儀なくされ、すわ中止でただの飲み会突入か?!と危惧されましたが、幸い駒込の公共施設の一室を借りることが出来、無事会を催すことが出来ました。良かった良かった。

良かったついでで、昨日の安部公房作品ニ篇もなかなか良かったです。
「永久運動」と「少女と魚」という中篇二つを読みました。
どちらも非常に明快でストレート。日本の20世紀前衛芸術の旗手と言われ、「難解さ」だけが私たちの中で一人歩きしていた安部公房ですが(自分と一緒にするなって?それは失敬)非常に分かりやすく面白い!(といってもまだまだ数編しか読んでいないのですが)
そして実は21世紀に入った今の日本の閉塞感とかつての彼の時代や人間に対する感覚に非常に共通するものがあることを発見しました。
「安部公房」リスペクトです。

ちなみに会終了後の駒込駅側での懇親会で「安部公房戯曲リスペクト」によるカトレア読書会有志による公演の話題が出ました。非常にいいことですし面白そうです。
今後安部公房のほかの作品も(まだ有名どころの「幽霊はここにいる」とか読んでませんし)読み進め安部公房の面白い作品をどんどんカトレア読書会なりに発掘しなおし、具体的な上演をイメージするのも楽しみです。
さて今からですと9月10月あたりかな?はてさて今から押さえられる劇場があることやら。急いで探索中です。(神楽坂ディプラッツは10月なら空いてるようで・・・)

次回は5月25日(木)あたりを想定しております。

« 安部公房「城塞」 | トップページ | 安部公房「制服」/安部公房「巨人伝説」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185975/11335512

この記事へのトラックバック一覧です: 安部公房「永久運動」/安部公房「少女と魚」:

« 安部公房「城塞」 | トップページ | 安部公房「制服」/安部公房「巨人伝説」 »