最近のトラックバック

2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
フォト
無料ブログはココログ

友達フォトアルバム

  • 1-3-2 たったの五千六百円なのよ・・・
    安部公房作 カトレア読書会演出 「友達」 2006年11月30日(木)~12月3日(日) 手織座にて

トップページ | ガルシア・ロルカ「ベルナルダ・アルバの家」 »

2006年8月 8日 (火)

イプセン「人形の家」

第一回カトレア読書会が2月14日夜、巣鴨にて執り行われました。(ちなみにこのころは名称がまだ「読書会」となっていました。)

初回ということもあってか、和やかな中にもぴんと張り詰めた緊張感を保ちつつ中々新鮮な空気でありました。
出席者は、南波さん、笠原さん、北川さん、荒井さん、南さん、反町さん、宍倉さん、泉くん、林の9名でした。
テキストのコピー代として500円を徴収させていただきました。お茶は貸し主の坪田さんのご好意でコーヒーと日本茶をいただきました。

今回のテキストは今年没後百周年のイプセン作「人形の家」でした。選定の理由として、特別にこだわったことはなく、当初シェイクスピアやチェーホフといった作品選びも考えられましたが、強いていえば「演劇史上、大変有名な作品でありながら、こういった機会がなければまず大体の人が手を出さない作品」ということでしょうか。
イプセンは十年ほど前にTPTにおいて演出家デビット・ルボーの手により何作かが上演され好評を博したことは記憶に新しいことです。
イプセンの「人形の家」は彼の戯曲第二作目で、百年以上前に書かれた作品でありながら、その内容は現代の人間にそのままあてはまり、非常にスリリングな物語でありました。
タイトルだけが一見、黴臭く感じてしまうため、今まで見逃してきましたが、今回の参加者の皆さんにも概ね好評でありした。
有馬則純さんも加わった会終了後の懇親会でも今後のテキスト選びに皆さんの活発な意見が交わされ大変盛り上がりました。
ブレヒトやゴーリキー、サム・シェパードなんかも読んでみたいですね。もちろん日本の作家もあります。「女の一生」なんて挑んでみたいですね。泉鏡花や有馬さんから提案された竹内健さんの短篇集も面白そうです。

反省点としましては・・・1.読み始めの開始時間が遅いと、結末までにいくためには、終了時間を予定より大幅にずれこまさざるを得なかった。(因みに今回は19:30読み始め22:20終了)
解決策としては、参加者の方々にできるだけ開始時間を守っていただく。テキストを二時間を越えない長さ作品を意識的に選ぶ。といったところでしょう。特に開始時間に関しましては皆さんのご協力がいただければと思います。

2.一部の方から「テキスト代が高い、これなら古本が一冊買える」というご批判をいただきました。今回、コピー代(46枚×10円)とクリップ代40円をいただきましたが、確かにご意見の通りだと思いました。
解決策としましては・・・出来るだけ早くテキストを決定し、既に本をお持ち方にはご持参いただく。一回で終わらすことなく、何回かに渡り読むことで原価償却を目指す。といったところでしょうか。

トップページ | ガルシア・ロルカ「ベルナルダ・アルバの家」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185975/11335435

この記事へのトラックバック一覧です: イプセン「人形の家」:

トップページ | ガルシア・ロルカ「ベルナルダ・アルバの家」 »